世界遺産活動・未来遺産運動

五台山(中華人民共和国)

■多くの僧院が建つ仏教信仰の山

 五台山は5つの平坦な頂をもった仏教聖地で、佛光寺を含む53の僧院が文化的景観をつくりだしている。なかでも等身大の塑像を収めた佛光寺の東大殿は、残存する4棟の唐時代の木造建築のなかで最も高くそびえる。また、明時代の殊像寺の巨大な壁画は、仏教説話を表す五百羅漢像を配し、山河が三次元で描かれている。
この地域の建造物からは、千年以上にわたり中国で仏教建築が発達し、宮殿建築に影響を与えた過程を見てとることができる。
五台山は中国北部で最も高い山だが、樹木のない切り立った頂は、地形学的にも際立っている。この地域に寺院が建てられたのは、1世紀から20世紀初頭にかけてのことだ。

大きな地図で見る

※本内容は日本ユネスコ協会連盟の協力のもと、転載しています。

世界遺産 豆知識の一覧はこちら>

新規会員登録

最新のあすたいむ冊子

“第二の人生をおくるための生活応援情報誌『あすたいむ』 年4回季刊で発行!” 発行地域近隣のあすたいむ倶楽部会員宅へお届けしています。

巻頭特集
カラダ作りの教科書

全国のあすたいむ倶楽部