世界遺産活動・未来遺産運動

グラン・プレの景観(カナダ)

■北アメリカに残る初期入植者の記録

 ノヴァスコシア州、マイナス湾の南に位置するグラン・プレの湿地と考古遺跡は、堤防などを設けた木造の水路システムを利用した農地の発展を示す文化的景観である。このシステムは17世紀にアカディア人(フランス系入植者)が始めたもので、現在でも維持され続けている。グラン・プレの景観は、北アメリカへの最初のヨーロッパ人入植者が、入植地の環境に適応した好例。同時に、1755年以降にアカディア人が強制退去させられた、グラン・デランジュマンと呼ばれる出来事を刻む記念碑的な場所でもある。

大きな地図で見る

※本内容は日本ユネスコ協会連盟の協力のもと、転載しています。

世界遺産 豆知識の一覧はこちら>

新規会員登録

最新のあすたいむ冊子

“第二の人生をおくるための生活応援情報誌『あすたいむ』 年4回季刊で発行!” 発行地域近隣のあすたいむ倶楽部会員宅へお届けしています。

巻頭特集
カラダ作りの教科書

全国のあすたいむ倶楽部