世界遺産活動・未来遺産運動

イスファハンのジャーメ・モスク(イラン・イスラム共和国)

■イスラム建築の変遷を示す大モスク

 イラン最古の金曜モスクだが、度重なる増改築の結果、構造と意匠にイラン・イスラム建築史の各時代が反映されている。特に11〜12世紀のセルジューク朝期の大改造時に、中庭の四方に開口部を設ける”4イーワーン”形式が採用されたことで、モスクはイスラム建築の典型となった。二重殻構造とリブを導入したドームや、鍾乳石状の装飾、アーチネットによるドームの分割などが、イスラム世界で初めて本格的に採用された例として特筆できる。このモスクは祈りの場であると同時に、伝統的バザール地区の核でもある。

大きな地図で見る

※本内容は日本ユネスコ協会連盟の協力のもと、転載しています。

世界遺産 豆知識の一覧はこちら>

新規会員登録

最新のあすたいむ冊子

“第二の人生をおくるための生活応援情報誌『あすたいむ』 年4回季刊で発行!” 発行地域近隣のあすたいむ倶楽部会員宅へお届けしています。

巻頭特集
カラダ作りの教科書

全国のあすたいむ倶楽部