世界遺産活動・未来遺産運動

平泉 ー仏国土(浄土)を表す建築・庭園及び考古学的遺跡群ー(日本国)

■平安を願って表現された奥州藤原氏の建築・庭園

 浄土を表す寺院、庭園及び考古学的遺跡から成るこの遺産は、聖なる山である金鶏山を含む5つの資産で構成される。平泉は、11世紀から12世紀に京都と肩を並べる日本の北方領域の政治・行政上の拠点であった。その空間は、8世紀に日本に広まった浄土の世界観に基づいており、人びとが来世とともに現世の平安を切望して仏国土(浄土)を表現したものである。日本古来の自然崇拝や神道と融合した中で、浄土思想は日本独自の平面計画、伽藍造営や作庭の理念を発展させた。

※本内容は日本ユネスコ協会連盟の協力のもと、転載しています。

世界遺産 豆知識の一覧はこちら>

新規会員登録

最新のあすたいむ冊子

“第二の人生をおくるための生活応援情報誌『あすたいむ』 年4回季刊で発行!” 発行地域近隣のあすたいむ倶楽部会員宅へお届けしています。

巻頭特集
日帰りで楽しむ とっておきの時間

全国のあすたいむ倶楽部