世界遺産活動・未来遺産運動

アルプス山系の先史時代杭上住居跡群ー(オーストリア共和国、フランス共和国、ドイツ連邦共和国、イタリア共和国、スロベニア共和国、スイス連邦)

■湖畔や川岸・湿地沿いに建てられた杭上住居群

 6カ国に点在する111の小規模な遺産群からなり、紀元前5000年から同500年頃に、アルプス山系の湖や川、湿地沿いに建てられた先史時代の杭上住居跡あるいは高床式住居跡である。これまでに、アルプスヨーロッパの新石器時代・青銅器時代の先史生活や、自然環境とどのように共存していたかを示す証拠が発見されている。111の遺産のうち56の遺産はスイス国内にある。これらの集落は、非常に保存状態が良い考古学遺跡で、この地域の初期農耕社会の解明にとって最も重要な事例のひとつとなっている。

※本内容は日本ユネスコ協会連盟の協力のもと、転載しています。

世界遺産 豆知識の一覧はこちら>

新規会員登録

最新のあすたいむ冊子

“第二の人生をおくるための生活応援情報誌『あすたいむ』 年4回季刊で発行!” 発行地域近隣のあすたいむ倶楽部会員宅へお届けしています。

巻頭特集
カラダ作りの教科書

全国のあすたいむ倶楽部