世界遺産活動・未来遺産運動

サンガ川流域の3カ国保護地域(カメルーン共和国、コンゴ共和国、中央アフリカ共和国)

■モザイクのような環境が育む生態系

アフリカ大陸中央部、コンゴ盆地北西部のカメルーン、コンゴ共和国、中央アフリカの3カ国の国境部に位置する3つの隣接した国立公園からなる。多様な原生生息地が残り、生態系の変遷を良好に示す。落葉樹と常緑樹の混在した熱帯林、沼沢林、定期的に氾濫する湿地帯のほか、森林の間に草地があるなど、モザイクのような多様な環境が多くの動植物を育む。他地域では個体数が減少した大型哺乳類や肉食哺乳類、植物をはじめ、シンリンゾウ、ニシローランドゴリラ、シタツンガやボンゴなどの希少種も多い。

※本内容は日本ユネスコ協会連盟の協力のもと、転載しています。

世界遺産 豆知識の一覧はこちら>

新規会員登録

最新のあすたいむ冊子

“第二の人生をおくるための生活応援情報誌『あすたいむ』 年4回季刊で発行!” 発行地域近隣のあすたいむ倶楽部会員宅へお届けしています。

巻頭特集
カラダ作りの教科書

全国のあすたいむ倶楽部