世界遺産活動・未来遺産運動

メロイ島の古代遺跡群(スーダン共和国)

■アフリカ大陸に繁栄したクシュ王国の中心地

この遺産は、ナイル川とアトバラ川に挟まれた荒野をのぞみ、紀元前8世紀から4世紀にかけて巨大な権力を持っていたクシュ王国の中心地であった。ナイル川近郊の宗教的な聖地ナガ及びサワラトスフラに隣接し、メロイのクシュ諸王の王都を含む。約1世紀にもわたって、エジプトを占領した支配者たちの居所であり、ピラミッドや寺院、住居、大きな水利施設も見られる。この巨大な帝国は、地中海からアフリカ大陸の中央部まで広がり、その遺跡は両方の地域の美術、建築、宗教、言語などの交流を示している。

※本内容は日本ユネスコ協会連盟の協力のもと、転載しています。

世界遺産 豆知識の一覧はこちら>

新規会員登録

最新のあすたいむ冊子

“第二の人生をおくるための生活応援情報誌『あすたいむ』 年4回季刊で発行!” 発行地域近隣のあすたいむ倶楽部会員宅へお届けしています。

巻頭特集
カラダ作りの教科書

全国のあすたいむ倶楽部