世界遺産活動・未来遺産運動

モンゴル・アルタイ山系の岩絵群(モンゴル国)

■さまざまな時代の生活様式が描かれた岩絵群

3つの遺跡に見られる夥しい数の岩絵群と埋葬遺跡は、1万2000年以上にわたるモンゴル地域における文化の展開を物語っている。最古の図像は、紀元前1万1000年から同6000年当時、渓谷が大型動物を狩猟する人びとの居住の場であった様子を示し、後の時代の図像からは、牧畜生活への移行がわかる。最晩期の図像は、紀元前1千年紀前半からスキタイ時代、そして7世紀から8世紀の匈奴時代の間に描かれ、馬に頼る遊牧生活への移行を示している。これらは、北アジアにおける先史時代の共同体を表す貴重な遺産である。

※本内容は日本ユネスコ協会連盟の協力のもと、転載しています。

世界遺産 豆知識の一覧はこちら>

新規会員登録

最新のあすたいむ冊子

“第二の人生をおくるための生活応援情報誌『あすたいむ』 年4回季刊で発行!” 発行地域近隣のあすたいむ倶楽部会員宅へお届けしています。

巻頭特集
カラダ作りの教科書

全国のあすたいむ倶楽部