世界遺産活動・未来遺産運動

オーストラリア囚人遺跡群(オーストラリア連邦)

■大規模な植民地化の記憶をとどめる遺産

 この遺産は、18世紀から19世紀にかけて大英帝国がオーストラリアの地に建設した何千もの囚人遺跡の中から、11カ所が選ばれ登録されたものである。主にシドニー付近とタスマニア、ノーフォーク島とフリーマントル付近の肥沃な沿岸地帯に点在しており先住民アボリジニが強制退去させられた土地でもある。
英国の司法当局により流刑に処された何万もの男女・子どもが収容され、懲罰的な禁固と更生という名目で植民地建設のための強制労働が行われた。この遺産は、かつてヨーロッパ勢力によって大規模な囚人移送が行われ、植民地拡大のためにその労働力が利用されていたことを最もよく示している。

大きな地図で見る

※本内容は日本ユネスコ協会連盟の協力のもと、転載しています。

世界遺産 豆知識の一覧はこちら>

新規会員登録

最新のあすたいむ冊子

“第二の人生をおくるための生活応援情報誌『あすたいむ』 年4回季刊で発行!” 発行地域近隣のあすたいむ倶楽部会員宅へお届けしています。

巻頭特集
日帰りで楽しむ とっておきの時間

全国のあすたいむ倶楽部