世界遺産活動・未来遺産運動

プトラナ高原(ロシア)

■隔絶の地に残された極北の自然

 この遺産は、中央シベリア北部にあるプトラナ台地の中央部に位置するプトランスキー自然保護区と一致しており、北極圏内100kmほど北にある。
隔絶された山岳地帯に、手つかずの寒冷な湖や河川をはじめ、原生的な状態のタイガや疎林のあるツンドラ、ツンドラと極地砂漠といった、亜北極圏から北極圏までの生態系がそっくり残されている。
また、ここは、トナカイの重要な移動ルートにもなっており、近年ますます希少となってきた自然の営みが広範囲で息づく数少ない地域といえる。

大きな地図で見る

※本内容は日本ユネスコ協会連盟の協力のもと、転載しています。

世界遺産 豆知識の一覧はこちら>

新規会員登録

最新のあすたいむ冊子

“第二の人生をおくるための生活応援情報誌『あすたいむ』 年4回季刊で発行!” 発行地域近隣のあすたいむ倶楽部会員宅へお届けしています。

巻頭特集
カラダ作りの教科書

全国のあすたいむ倶楽部