世界遺産活動・未来遺産運動

イエス生誕の地:ベツレヘムの生誕教会と巡礼路(パレスチナ自治政府)

■世界で最も神聖な場所のひとつ

 エルサレムの南方10kmに位置する聖誕教会は、2世紀以降人々によってイエスの生誕地と考えられてきた場所に立つ。339年に創始され、6世紀の火災後に再建されたもので、初期教会建設の顕著な例。構成資産には、巡礼の最終目的地である聖誕教会に向かう巡礼路や鐘楼、ひな壇式庭園のほか、ラテン・ギリシャ正教・フランシスコ会・アルメニア教会の修道院や教会なども含まれている。聖誕教会の建物の損傷が激しいことから、危機遺産にも同時に登録された。

大きな地図で見る

※本内容は日本ユネスコ協会連盟の協力のもと、転載しています。

世界遺産 豆知識の一覧はこちら>

新規会員登録

最新のあすたいむ冊子

“第二の人生をおくるための生活応援情報誌『あすたいむ』 年4回季刊で発行!” 発行地域近隣のあすたいむ倶楽部会員宅へお届けしています。

巻頭特集
日帰りで楽しむ とっておきの時間

全国のあすたいむ倶楽部