世界遺産活動・未来遺産運動

ブコヴィナ・ダルマティアの主教座施設(ウクライナ)

■建築様式の融合を表す複合施設

1864年〜1882年にチェコ人建築家ヨセフ・ハラフカの設計によりチェルニフツィ(旧ブコヴィナ)市内に建てられた。19世紀の歴史主義建築の顕著な例であり、神学校と男子修道院を含み、庭園や公園を伴い、ドームに覆われた十字型の神学校教会がそびえ立つ。ビザンチン時代以来の建築的・文化的影響が見られ、さらにハプスブルク家統治時代のギリシャ正教会権力の具現化でもある。これは、オーストリア・ハンガリー帝国による宗教的寛容政策を反映したものであり、建築様式の見事な融合を表す代表的な例である。

※本内容は日本ユネスコ協会連盟の協力のもと、転載しています。

世界遺産 豆知識の一覧はこちら>

新規会員登録

最新のあすたいむ冊子

“第二の人生をおくるための生活応援情報誌『あすたいむ』 年4回季刊で発行!” 発行地域近隣のあすたいむ倶楽部会員宅へお届けしています。

巻頭特集
日帰りで楽しむ とっておきの時間

全国のあすたいむ倶楽部